忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/16 21:47 】 |
食道がんの抗がん剤治療
肺がんや胃がんと比較すると、その数はそれほど多くはないのですが、予後が非常に悪く、ガンの中でもかなり厳しいと言われているのが食道がんです。
基本的に食道がんの場合は、腫瘍が食道という人間の身体において食事をする際に必要な部分にできている為、切除が絶対条件と言えます。
よって、治療は外科手術が中心となります。
主に内視鏡を使用した手術が現在のスタンダードです。
また、放射線治療もかなり前から行われており、現在では非常に効果的というデータも出ています。

食道がんの怖いところは、リンパ節へ転移する可能性が非常に高い点です。
リンパ節に転移してしまうと、一気に生存率が低下してしまいます。
その為、早期発見が必要なのですが、初期段階では無症状なので、なかなか難しいと言われています。
しかし、早期発見できれば、内視鏡治療によって完治できる可能性が高いガンです。

抗がん剤治療は手術後に行うのが一般的です。
使用する抗がん剤は、主にシスプラチンとフルオロウラシルの組み合わせです。
胃がんと同じく、この組み合わせの効果が高いと言われています。
副作用も少ない点が魅力ですね。

また、近年ではネダプラチンという抗がん剤が効果が高いというデータが出ています。
ネダプラチンは、シスプラチン以上に副作用を抑えられる事から、今後の抗がん剤治療においては主流となる可能性があります。
この他、ドセタキセルという抗がん剤の利用も近年では研究されています。
PR
【2010/08/02 04:32 】 | 抗がん剤 副作用 | トラックバック(0)
虎カムバック
トラックバックURL

| ホーム |