忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/16 21:49 】 |
抗がん剤には副作用がある
自らがガンとなった場合、あるいは身内がガンに侵されたと発覚した場合、周囲の人々は大きな失望に包まれます。
ただ、絶望していても先には進めません。
進行度にもよりますが、ガンは治る病気です。
すぐに適切な治療方法を考え、それを実行しておく必要があります。

その中の一つとして多くの患者が選択する抗がん剤ですが、この治療法は効果が高く、即効性がある一方、非常に厳しい方法であると考えた方が良いでしょう。
通常、病気の治療を行う場合は、その病気を治すだけでなく、体調管理を第一に考えます。
例えば、少し強めの風邪に対する薬を処方する場合、その薬には少なからず副作用があります。
胃が荒れる可能性がある等というものですね。
その場合風邪薬と一緒に胃薬も処方され、複合して飲む事で副作用も緩和され、体調の悪化を防ぎます。
病気だけでなく、体調を健康に保つ事が最優先されるのです。

しかし、抗がん剤の場合はそれが叶いません。
副作用があまりに強力で、それを抑え込むのが難しいからです。
抗がん剤はその高い効能故に、非常に強力な副作用を有しています。
よって、抗がん剤では治療する場合には、非常に苦しい闘病生活を覚悟しなくてはならなくなるのです。
この場合、高齢の方はその壮絶なまでの副作用に耐えられないケースも多々あります。
副作用には、身が引き裂けそうな激痛や、正気を保つ事が困難な程の体調悪化というケースも想定されるのです。
これに耐えられなければ、継続的な治療はできません。
ガンという病気の恐ろしい点は、ここにあります。
PR
【2010/08/02 04:32 】 | 抗がん剤 副作用 | トラックバック(0)
虎カムバック
トラックバックURL

| ホーム |