忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/16 21:48 】 |
大腸がんの抗がん剤治療
大腸がんは、現在数あるガンの中でもトップクラスの死亡数を記録する非常に厄介なガンです。
主な要因は飲酒、肥満で、喫煙も要因の一つと言われています。
特に年齢が上がるにつれて大腸がんとなるリスクは増加し、55歳以上の人には危険性の高いガンとなっています。
副作用に関しても、年齢の上昇に従い、体力的な問題もあって厳しくなっていく事から、リスクは上がっていきます。

また、同時に手術で治癒しやすいガンと言われています。
早期発見の場合はかなりの確率で完治できるので、手術による切除が一般的ですが、手術が難しい位置に腫瘍ができた場合は抗がん剤治療となります。
ただし、ガンの中では抗がん剤が威力を発揮しにくい部類とも言われています。

そんな大腸がんの抗がん剤治療ですが、ここ最近では新たな組み合わせの抗がん剤によって飛躍的に成果が上がった例も存在しています。
元々はフルオロウラシルとレボホリナートカルシウムを組み合わせた、「5-FU/l-LV」療法が一般的でした。
しかし近年においては、この組み合わせに加えてオキサリプラチン、もしくはイリノテカンを追加するケースが増えています。

また、ベバシズマブを使用するケースも増えています。
ベバシズマブは、再発や進行度合いの厳しい場合に使われる一方、高額である事や副作用が非常に強い事が問題視されています。

これらの他にもいくつかの抗がん剤が試験されており、現在においては研究段階の状態ですが、近い将来劇的に進歩する可能性はあります。
PR
【2010/08/02 04:32 】 | 抗がん剤 副作用 | トラックバック(0)
虎カムバック
トラックバックURL

| ホーム |