忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/16 21:47 】 |
抗がん剤の目的
数あるガンの治療方法の中で、抗がん剤治療の目的は大きく分けると3つ存在します。
1つは、完全治癒。
ガン細胞を綺麗に取り除き、健康な身体を取り戻すというものです。
ガンは命を奪う病気ですから、当然ガンの治療は「生命の維持」につながります。
副作用という脅威はありますが、それに耐えれば完全に治る可能性もあるのです。

2つ目の目的は、延命です。
ガンという病気は、100%治る保証はありません。
そして、治癒しない場合はいずれは命を落とします。
状況によっては治癒が不可能な状況になり、患者の寿命が決まってしまうケースもあります。
そんな時、抗がん剤の投与は全くの無意味な行為になるかというと、そうとは限りません。
ガン細胞を極力減らす事で、進行スピードを遅らせる事ができます。
これによって、何も対策を施さない場合より長く生きる事ができるのです。
いずれ死ぬ運命でも、それまでの時間が長ければ長いほど、思い残しを減らせます。
また、大切な人と過ごす時間を増やす事もできますし、趣味に打ち込める時間を延長する事も可能です。
延命は決して無駄な事ではありません。

もう1つは、手術治療の補助です。
ガン治療において、手術はハイリスクハイリターンです。
ただ、もし手術でも取り除けない位置にある場合は、ノーチャンスとなります。
また、あまりにガン細胞が多いと、手術時間が延び、患者の体力が持たなくなります。
そこで、そういった場所のガン細胞を先に抗がん剤で治療し、手術に臨むという方法が採られます。
副作用との兼ね合いもありますが、よく採択される治療法の一つです。
PR
【2010/08/02 04:32 】 | 抗がん剤 副作用 | トラックバック(0)
虎カムバック
トラックバックURL

| ホーム |