忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/16 21:48 】 |
抗がん剤はガンの治療法
全死亡件数の3件に1件がガンという、今やガン大国となった日本。
その中にあって、ガンの完全な治療法は未だ確立されていません。
ガンになった場合、多くの人が絶望し、死というものを見つめる事になります。
これは仕方ない事と割り切るしかないのかもしれません。
ガンは注意すれば未然に防げる病気ではなく、発症の可能性を下げる為にいくら健康的に生きていても、なる人はなってしまう病気です。

そんなガンに対する現時点での治療法は、複数存在しています。
その中の一つが抗がん剤の投与です。
抗がん剤は、ガン細胞を殺す薬であり、ガンを治療する確かな薬です。
ただ、全てのガンに効果があるわけではありませんし、全ての人に効果が保証されるものでもありません。
少なからず、運というものも作用する薬です。
また、副作用もあり、このリスクが非常に大きな障害となっている事も、投与の際には必ず知っておく必要があります。

抗がん剤の主な投与方法は、静脈注射、経口投与です。
直接投与するケースもありますが、あまり多くはありません。
基本的には点滴による投与となります。
抗がん剤が投与されると、ガン細胞の分裂の際に合成、複合といった細胞の動きを阻止し、そのまま細胞が死滅するのを待つという仕組みになっています。
細胞は不滅ではなく、常に死滅して生まれ変わっていくものなので、それを利用した治療法と言えます。

抗がん剤は、状況に応じて投与するか否かを決めなくてはなりません。
副作用をはじめ様々な障害はありますが、抗がん剤に命を救われた患者も大勢います。
その恩恵とリスクの両方をしっかりと見極める必要があります。
PR
【2010/08/02 04:32 】 | 抗がん剤 副作用 | トラックバック(0)
虎カムバック
トラックバックURL

| ホーム |