忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/16 21:52 】 |
乳がんの抗がん剤治療
乳がんは、なかなか早期発見ができないガンとして有名です。
やはり、他の部位と違い、健康診断の際に偶然発見されるという事がない部位だけに、仕方のない部分もあります。
ただ、近年では乳がんの危険性を訴える声も多くなっており、特に有名人が中心となって呼びかけている事から、乳がんの検査を行う人が増えてきているようです。

乳がんは、女性がなるガンというイメージがあまりに強いですが、実はわずかながら男性の患者も存在しています。
その為、女性だけのガンというわけではありません。
男性でも、乳部に異変があった場合は検査を行う必要があります。

乳がんの治療方法は、摘出や切除といった外科手術が一般的で、抗がん剤の投与は手術で除去できなかった小さいガン細胞を殺す事を目的としたケースが一般的です。
いわゆる補助療法といわれるものです。
補助療法の持つ役割は非常に大きく、これを行うかどうかで再発率が20%以上違う事もあります。
抗がん剤投与の量も最小限で済むので、副作用もあまり出ません。

近年では、手術の後ではなく前に抗がん剤を投与し、病巣を小さくして手術を行うケースもあります。
これは「新補助療法」と言われる方法です。
新補助療法のメリットは、体力のあるうちに副作用に耐える事ができる点や、手術の際に摘出するガン細胞が少なくて済む為、メスを入れる範囲が小さくなるという点が挙げられます。
その為、リスクを抑えられる他、乳房の温存も期待できます。

主に使用する抗がん剤は、フルオロウラシル、シクロホスファミド、メトトレキサートを組み合わせた「CMF療法」、メトトレキサートの代わりにドキソルビシンを使用した「CAF療法」等です。
PR
【2010/08/02 04:32 】 | 抗がん剤 副作用 | トラックバック(0)
虎カムバック
トラックバックURL

| ホーム |