忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/16 21:53 】 |
放射線化学療法
放射線によるガンの治療は、多数ある治療方法の中でもメジャーなものの一つです。
この放射線化学療法は、抗がん剤治療と組み合わせて行われる治療です。

通常、抗がん剤は静脈注射や口からの内服によって投与され、血液を巡って全身にくまなく投与します。
これによって抗がん剤が広範囲に作用する事になり、なかなかレントゲンでも写らない細部のガン細胞にまで効く事が期待できます。
しかし、それによって厄介な問題点も出てきます。
健康な部分に対しても抗がん剤の威力が作用する為、正常な細胞にダメージが残るという点です。
副作用が発生する原因の一つでもあります。

一方、放射線化学療法の場合は、放射線を照射した箇所のみに作用します。
よって、正常な部分の細胞にダメージが残りません。
抗がん剤治療とは異なる面で有効性が指摘されています。

放射線治療の場合、悪性リンパ腫に対しての効果が高いと言われています。
ただし、広範囲にガン細胞が広がっている場合は、効果が出にくいとも言われています。
この場合はまず、抗がん剤を投与して全身のガン細胞を縮小させ、その後に放射線治療を行うという方法を採択します。
特に原発部分に関しては、放射線治療によって集中的にガン細胞の除去を目指します。
抗がん剤との組み合わせを行う事で効果的な治療が行える半面、副作用がより強く出るという問題点もありますが、こればかりは仕方がないと言えます。

放射線治療は食道がんや小細胞肺がんにも有効とされており、その治療範囲はかなり広く、標準的な治療として確立しているようです。
PR
【2010/08/02 04:32 】 | 抗がん剤 副作用 | トラックバック(0)
虎カムバック
トラックバックURL

| ホーム |